Comfortable Life暮らし快適生活 (断熱性能)

将来に向けた環境問題、健康問題を重要課題とし、
今や断熱性の高い家づくりは標準と考え、取り組んでいます。

室内温度差による「冷え」は人の健康に、「結露」は家の健康に
甚大な被害をもたらします。永く快適に、健やかに過ごしてほしいという願いのもと
日々、やさしい家づくりに取り組んでいます。

最高等級の次世代断熱で家を包み、少ないエネルギーで
快適な生活空間を実現。部屋ごとの温度差を抑えることができるので
ヒートショック対策にも効果的で人にもやさしい住まいになります。

断熱サッシ+複層ガラス

断熱性能を高めるには
窓が鍵となる

窓を通して、冬に暖房の熱が逃げる割合は58%、夏の冷房中に入ってくる割合は73%にも及びます。もちろん家の断熱性能や形状などによって異なりますが、冷暖房にかかるエネルギーロスは、その原因の半分以上が窓とみなされます。
この事実は、断熱性能を高める上で窓の部位がいかに重要であるかを示し、省エネ住宅を考える上で鍵となっております。

資料:日本建材・住宅設備産業協会の資料を基に日経ホームビルダーが作成

高性能「アルミ+樹脂」製ハイブリット窓を採用

熱の出入りが最も多いと言われる窓に高性能ハイブリット窓を標準装備。
アルミと樹脂の互いの良さを融合させ、耐久力、デザイン、採光性、断熱性、結露防止効果の5つの面で高機能を実現。

サーモグラフィでみるサッシ表面温度比較
エアコン効率を高める

優れた断熱性能で暖房時の熱の流出、冷暖房の熱の侵入を抑制し、冷暖房の効率を高めます。電気の使用量が少なくて済むので経済的です。

断熱性のみならず意匠性も◎

断熱性能が高いということは、窓を大きくできるということ。また、従来品に比べフレームを約25%スリム化。これによりガラス面積が広く、眺望性・採光性の向上を実現します。

遮熱型LOW-Eガラス

一般複層ガラスの1.5倍の断熱効果を発揮。断熱効果を一番発揮できる16mmに空気層を設定しています。断熱サッシと併用することで熱損失量を軽減し、快適な空間に。

紫外線を大幅カット

室内が暗くなってしまうUVシートとは違い、採光性を損なうことなくお肌や床、家具にダメージを与える紫外線を大幅に軽減します。

高い防露性能

結露を抑えることができるので、カビやダニなどの繁殖も抑制。ご家族の健康的な暮らしを守ります。

サーモグラフィでみる窓辺の温度比較

コールドドラフトが起こり、床が冷やされて温度が下がり室内全体の温度低下が見られます。

コールドドラフトを抑え、床が暖かい温度を保っており室内全体も温かく保たれています。

アクアフォーム

夏に涼しく、冬は暖かい

硬質ウレタンフォームは無数の超微細気泡の中に多量の空気を含んでいるため、 他の断熱材に比べて優れた断熱性能を発揮します。また、住宅の躯体に直接吹付けて発泡させる為、隙間なく一体化した断熱材構造を形成することができ、気密性においても優れています。

換気システムの効率化

高い気密性により、効率的な換気を行うための空気の通り道を確保し、漏気の原因となる隙間をふせぎ、優れた空気環境を長期間に亘って維持します。

連続気泡構造で、吸音性・耐久性に優れています

連続気泡構造によりガス抜けによる収縮がなく、長期間に亘って安定した性能を発揮します。また、一般的な独立気泡構造と比較し、吸音性に優れています。

住まう人、環境に優しい素材

環境に悪影響を与えるフロンガスを一切使わず、水を発泡材として使用する断熱材。地球環境にやさしいだけでなく、人への影響も考慮し、アレルギーなどの原因とされる有害物質、ホルムアルデヒドも発生させません。

複雑な形状にもしっかりフィット

従来の繊維系断熱材は現場の施工部分に合わせてカットし、貼っていくため細かい部分に隙間ができてしまうことがありました。アクアフォームでは硬質ウレタンフォームを現場で発泡し、吹付け施工するため細かい部分にも隙間なく充填でき、接着性も高いため、複雑な形状をした箇所でも安定した断熱効果を得ることができます。

屋根断熱方式を採用

輻射熱が住宅内部に及ぶことを防ぐ

小屋裏部を断熱面積に含まない「天井断熱」方式と、屋根全体を覆う「屋根断熱」方式があります。天井断熱方式が一般的ですが、INUIHOMEでは、熱せられた小屋裏から発せられる輻射熱を受ける恐れがなく、屋根断熱方式を採用しています。

幅広いデザインが可能

小屋裏空間の収納や勾配天井等でデザイン面、機能面でも幅広く活用できます。

通気工法

壁内の空気を循環、結露を防ぎ耐久性をアップ

INUI HOMEの壁は通気工法を採用し、壁内に外気を取り込んで空気を循環させています。壁内結露もなく、壁構造の耐久性を大きく向上させています。例えば、室内から侵入した湿気を通気層に通して屋外に放出し、内部結露を防ぎます。また一般住宅の場合、暴風雨などの時に接合部からサイディング(壁板)の裏面側に雨水が侵入することがあります。
これもサイディングと防水透湿シートとの間に空間ができて、そこに空気が滞留し、侵入した雨水や湿気等を乾燥し、雨漏りの抑制にもつながります。

遮熱効果をアップ

直射日光が当たると、外壁はかなりの熱を受けますが、通気工法の場合、通気層内に上昇気流が発生します。受けた熱の一部はこの通気層内の通風によって屋外に排出します。実験により、日射に対して遮熱の働きがあることが証明されています。