Lineup商品ラインナップ [ 全館空調COCOSIA ]

家中どこでも快適な「全館空調」というご提案

concept
エアコン1台で家中、どこでも快適な「室温バリアフリー住宅」

COCOSIAは家全体の室温をたった1 台のエアコンで創り出す、今までになかった空調システムです。
1 年を通して、いつでも、家中どこでも室温を一定にし
「室温のバリアフリー化」を実現します。
エアコンと換気システムを24 時間連続運転させることで、
快適な温度と質の高い空気の中でお過ごしいただけます。

ご存知ですか?
人体へのリスクを含んだ、家の温度差

そのリスクとは「ヒートショック」です

エアコンで快適な温度になっている居室と、廊下や洗面台、お風呂場などの温度差に、
身の縮む思いをしたことはありませんか?
光熱費節約のため、日頃いない廊下やお風呂場は室温が低くても仕方ないと、
我慢して生活していませんか?まさにそれこそが問題なのです。

ヒートショックとは、気温の低い冬場など暖房の効いた暖かい部屋から、冷え切った浴室で熱いお風呂に入る。といった急激な温度差により
血圧が大きく変動し、失神、心筋梗塞、脳梗塞などを起こしてしまうことです。浴室内だけでなく温度差が激しい場所では、家のどこでも起こりうる事です。
ヒートショック

※出典:警察庁HP「平成29 年中の交通事故死亡者数について」、「厚生労働省科学研究費補助金 入浴中関連事故の実態把握及び予防対策に関する研究(2014 年)」より

外出するより家の中の方が死亡率が高く危険!
室温のバリアフリー化

全館空調COCOSIA

「室温のバリアフリー化」を実現、今までになかった空調システム。

「COCOSIA」は家全体の室温をたった一台のエアコンで創り出すシステムです。
しかも家全体の室温を一定にし「室温のバリアフリー化」を実現させることができます。エアコンと換気システムを24時間連続運転させることで、
一日中快適な温度と、質の高い空気の中で生活が送れます。
COCOSIAなら、もう家の中で寒くて凍えながら着替えをすることも、暑くて寝苦しい思いもすることも無くなります。

今までになかった空調システム

他にはない「蓄熱室」という考え

エアコン1台だけでスマートに空調

小屋根に1坪ほどの大きさの蓄熱室を設け、エアコン1台で加熱・冷却した空気を
溜め込み1階、2階の全館へと送り込みます。 すべての部屋が一定の温度を保ち、
家中、いつ、どこにいても快適な生活を実現します。


メンテナンスのしやすさ

生活空間とは隔離された場所に設置するため、通常のエアコンよりも汚れにくく、
年1回のメンテナンスも楽々、1台だけで済みます。

他にはない「蓄熱室」という考え

高気密+換気システム

無駄のない換気と、コストダウン

一般的な熱交換換気では、臭いを各部屋にリターンしないように、トイレなどのダーティーゾーンには+αのコストで局所換気を設けないといけません。 これにより、室温の変化やメンテナンス増加が発生しておりましたが、COCOSIAが採用する
ルフロはリビングはもちろん、湿気の多い浴室やトイレまで全室同時に換気が可能です。 個別に局所換気を設ける必要がないので、全室連続暖冷房と相性が良く、家中快適で質の高い空気での生活を実現します。

高気密+換気システム

基礎断熱だから、家全体が更に快適

空調システムの高効率、省エネを。

通常工法では、建物基礎の内部は換気を行う「床下断熱」方式を採用します。床下断熱は最も一般的な工法ですが、1階床面が外気の影響を受け易い傾向にあります。
床は直接身体に接触する部位ですので特に冬場などはスリッパを履かずにはいられないという体験をされた方も多いでしょう。比べて、基礎断熱工法は建物基礎の内部も室内とほぼ同じ温度を保つ事により冬場の足元の不快感もありません。
基礎内部の空気は停滞しがちなので、強制的にサーキュレーター等を設ける必要がありますが、COCOSIAでは、ルフロによる計画換気を基礎内を含めて行っていますので、床下結露やカビの発生リスク、シロアリの被害を抑制します。室内の隅々まで快適であるための工夫を凝らしています。

基礎断熱だから、家全体が更に快適

COCOSIAの魅力

merit01
ヒートショックを防止、
脱リビング族
ヒートショックを防止

各部屋、各フロアの温度差がなく、家中快適な空間となります。外気温であったとしても、各部屋の温度は20℃前後をキープしています。リビングから一歩出ると寒い!と、一日中暖かいリビングで過ごすリビング族からも脱することができます。朝、寝起きもスムーズに布団から抜け出し、活動して良いライフサイクルを手に入れましょう。

merit02
花粉、ホコリ、PM2.5を
除去した空間
花粉、ホコリ、PM2.5を除去した空間

この空調システムは24時間稼働しています。春や秋には温度調節機能はオフにすることはありますが、換気機能は基本的にオンになっています。そのため、常に家の中の空気が循環。高性能フィルターによる浮遊物の除去が行われ、いつも空気は清潔に保たれます。花粉症やホコリなどのアレルギーにお悩みの方やPM2.5やカビの浮遊が気になる方にも安心です。

※1Fリビング、1F洗面脱衣所、2Fフリースペース、2F洋室の4ヶ所で3日間測定。
 グラフは検証住宅での測定結果です。実際の温度を保証するものではありません。

merit03
室内のルームエアコンなし、
室外機も1台のみ
室内のルームエアコンなし

※インテリア計画上、見た目を気にしていた室内機がなく、スッキリと。

唯一のエアコンは蓄熱室に。各部屋にルームエアコンは必要ありません。室内の壁面をスッキリと見せることができます。また、家全体で1台しかエアコンを使用しませんので室外機も1台分だけ。外観をも、美しくスッキリ見せることができます。エアコンの設置を考慮した設計をしなくて済みますので、デザインの幅も広がり、インテリア、エクステリアともに◎

merit04
全館空調だから、大胆な
空間設計が可能に
大胆な空間設計

吹き抜けやリビング階段を計画する時、気になってしまう事が暖冷房の効率。あまりに大きな空間を要する間取りは、電気代の事を考えると躊躇してしまいがち。全館空調はそもそも各部屋を小さく区切って暖冷房という考え方ではなく、全ての部屋を均一に暖冷房する計画ですので大きな吹き抜けなどの大胆な空間設計が可能となります。最も効率の良い空気の流れをデザインして、ご希望に沿った自由な設計提案を実現します。

月々の電気代もメンテンス費用も低コストを実現

ローコストで運用

全館の室温をコントロールするのは業務用エアコン1台のみ。通常、各部屋毎にエアコンを設置することを思えば、低コストです。また、業界トップクラスのAPF2015を 達成し、優れた省エネ性能を発揮するため、通常の壁掛けルームエアコンとほぼ同等の電気代を実現しています。メンテナンス面においても1台分をみていれば良いため、使い続けるほどにお得です。

ローコストで運用

※上記電気代は参考値です。使用方法やエアコン性能によって変動いたします。

暖冷房と換気のシステムを独立

暖冷房と換気がシステム上独立しているため、不要な季節は停止することが可能で、必要な時に必要な分だけオンデマンドに運転できます。 また、24時間換気の役割も果たすルフロ400自体、DCモータを採用し、省エネ性に優れた換気システムです。1カ月あたり100円程度の電気代。 これは、第一種熱交換換気システムはもちろん、一般の第三種換気システムなどの省エネ性能と比べても格段に優れています。

暖冷房と換気のシステムを独立

※全館空調システムのみにかかる暖冷房負荷のシミュレーションです。120m²のモデルにて試算。

安心の10年保証

安心の保証と優れたメンテナンス性

優れたメンテナンス性を備えていることも「COCOSIA」の強みです。万が一故障した場合は、安心の10年保証もご用意しております(※)。 また、ルフロ400も優れたメンテナンス性を備えており、年1回メンテナンスを行い、ファンを清掃するだけで初期の換気(送風)性能を維持できます。初期費用、ランニングコストともに抑え、メンテナンスを含めたライフサイクルコストを極限まで落とした空調システムです。

安心の保証と優れたメンテナンス性

※10年保証の対象は、エアコン及び送風機になります。天災による故障、または損傷や消耗品の交換等は対象外とさせていただいております。

faq

よくある質問

question

24時間エアコンを付けっ放しで電気代は大丈夫?

 
answer

エアコンは頻繁に点けたり消したりを繰り返すと無駄に電力を消費します。一度設定した温度から、不快な室温に戻ってしまい、また設定温度に戻そうとするときも、大きな電力を消費します。常時運転は間欠運転で発生する、室温を戻すための大きな電力消費を抑えることができます。 また高断熱・高気密住宅にすることで、低燃費な住宅となっています。断熱グレードにもよりますが、今までの各部屋へルームエアコンを設置した点けたり消したりする暮らしに比べ、全館連続暖冷房で使用しても年間電気料金は、さほど変わりません。

question

全館空調すると、各室のエアコンは必要?

 
answer

COCOSIAは、空調(暖冷房)と換気(第3種計画換気)をそれぞれお住まいの間取りに合わせて計画したシステムですので、基本的にはルームエアコンの設置は不要となります。
※お部屋の使用方法や用途によっては、ルームエアコンを設置いただいている場合もございます。
 詳しくは計画ごとに設計図面を確認し、お打合せの上、ご提案させていただきます。

question

冬場の乾燥は大丈夫?

 
answer

COCOSIA自体には、加湿機能は付いておりません。別途、加湿対策(加湿器を作動させる・室内に洗濯物を干す・観葉植物を置く等)を行うことをお勧めします。

question

お手入れは大変じゃないの?

 
answer

蓄熱室自体が生活空間から離れた場所にあるので埃などが舞わず、居室に設置したルームエアコンよりもフィルターの汚れは目立ちません。さらにお手入れもエアコンは1台だけで済むので、面倒な居室分のエアコン掃除とは無縁になります。また送風機のお手入れは1年に一回、24時間換気システム ルフロと同じメンテナンス方法で行なうだけでOKです。

question

音はうるさくないの?

 
answer

点検口がちゃんと閉まっていなかったり、ファンが強運転になっている時以外は、基本的には蓄熱室から大きい音が漏れることはありません。

question

急な温度変化にはどう調整すればいいの?

 
answer

COCOSIAは性質上、エアコンの設定温度が、ゆっくりと各居室に反映されていきます。急な温度変化による外気温の影響から居室が適温にならない場合、蓄熱室からの温度供給サイクルが間に合っていない可能性があります。その際には、送風機(ファン)の風量を調節することでサイクルが速く(または緩やかに)なり、適温に近づけることができます。COCOSIAのダクトは1階と2階で経路を分けてありますので、ボリュームの上げ下げで各フロアへの風量を調整して下さい。その状態で2~3時間ほど稼働し、それでも適温に達しない場合は、必要に応じてエアコンの設定温度を変更して下さい。

question

エリアごとに運転モードは変えられるの?

 
answer

エリアごとの運転モードは変えられませんが、1,2階各フロアごとに送風量を変えられます。
※停止する際は送風を1日稼働した上で、停止させて下さい。

question

一年中、エアコンを付けておかないといけないの?

 
answer

エアコン環境が不要な春や秋は止めていただいても大丈夫です。ただし、換気システムについては常時運転を推奨しています。

question

停電時や災害時にも稼働できるの?

 
answer

基本的に電源供給が遮断された場合は、運転を行うことはできません。